アサギマダラ飛来

豊北町粟野(ご自宅の庭)で、秋の七草のひとつフジバカマに吸密するアサギマダラを発見された監査役より画像をいただきました。(2021.10.11監査役撮影)

幼虫成虫共に鮮やかな体色は毒を持っていることを敵に知らせる警戒色と考えられています。秋に日本本土から南西諸島、台湾、香港に渡ることが確認され、本土で幼虫越冬し羽化する個体もあると言われています。準絶滅危惧種。フジバカマも準絶滅危惧種としてレッドリストに登録されています。

豊北ライオンズクラブの益々のご発展を!

そして、豊北町の地域の皆様へ感謝の気持ちをお伝えします。

1971年に豊北町誘致企業として、粟野地区に西日本FRP造船が設立されました。造船事業にFRP(ガラス繊維強化プラスチック)という新素材を扱う企業ということ、山口県が国内で有数の漁業県であるということで、一から創業した日本国内でも稀有な会社です。6代目社長の時代まで日本触媒化学工業(現在の日本触媒)から経営者を迎えましたが、漁船並びに小型船舶のFRP化が急速に進んだ結果、需要は激減し、苦しい経営を余儀なくされました。歴代社長並びに従業員・ご家族のご苦労は大変なものがありました。同業他社が次々と撤退解散する中で、1999年社員有志MBOにより独立し、ニシエフとして新たなスタートを切ったことは皆さんもご承知の通りです。豊北町(小浜工場においては小浜市)を中心に地域との関わりなしに企業は存続できません。ましてや顧客の大半は県外であり、また縮小された造船関連業界においても国内で専業的に営まれている企業は数少なくなり、域内での繋がりも希薄になりがちでした。本社においては、誘致企業懇談会活動も停止される中で、豊北ライオンズクラブへの入会を勧誘されました。地域貢献という大袈裟なことではなく、地道に地域に関与していくことは企業としての使命と感じています。

豊北ライオンズクラブ 向かって右から、松田L、白石L(会長)、私、藤永L、庄司L(幹事)、中村さん(事務局)

向かって右から、松田L、私、井上L、藤永L 2021.8.26

豊北ライオンズクラブの皆様4年余りの短い期間でしたが大変お世話になりありがとうございました。私事ながら、生活の拠点を神戸に戻すに当たり、皆様からのご厚情を白石会長様を始め、リゾートにお集まりいただいた方々より頂戴いたしました。 貴クラブのご繁栄と豊北町のご発展を祈念申し上げます。有難うございました。        ㈱ニシエフ 相談役 堀井 淳

 

 

 

 

令和3年度「九州運輸局長表彰」3名の社員が受賞。

令和3年7月13日
令和3年度「海の日」海事関係功労者の表彰が決定され弊社から3名受賞されました。

品質管理部部長 山根 和之

製造部テクニカルアドバイザー 橋本 茂

小浜工場 工場長 小南 昭典

弊社社員がこのような賞をいただくことは、とても嬉しく、社員一同大変光栄に思っております。今後ともこの受賞を励みとし、社員一人ひとりの更なる知識・技術の向上と地域社会の発展に貢献できますよう一層努力してまいります。

※コロナ禍中により、授賞式には小南工場長の代理として綿谷社長が出席しました。

 

九州運輸局海事振興部・下関海事事務所主催による「海事産業見学会」

令和元年12月17日 山口県立下関工科高校1年生80名の皆さんが午前午後2組に分かれてニシエフ見学に来られました。「だけ!じゃない!ニシエフ」をキャッチフレーズに綿谷社長から会社案内のPP説明後、石井専務以下若手社員が工場内をガイド役となり、船舶・救命艇・特殊艇・今夏新しく稼働したデザインラボを案内。NC加工機においては操作実演も行いました。

見学後、生徒さんからの質問には、同校先輩社員から「働き甲斐と夢のあるニシエフ」と説明してくれました。

 

大分県漁業調査船「豊洋」竣工式

先月末、兼ねてより建造しておりました

大分県漁業調査船「豊洋」の竣工式が

大分市T.O.P.S Bitts HALL(トップスビッツホール)にて

執り行われました。

大分県知事広瀬様、大分県議会農林水産委員会長井上様など多くの

ご来賓の方が参列された盛大な式典でした。

「豊洋」乗組員の方々の紹介

県旗授与

また、大分県知事より一財)造船技術センター常務理事の染矢様と

堀井会長に感謝状が贈呈されました。

式典閉会後には大分港岸壁にて「豊洋」の内覧会も開催され、

ご来賓の方々にも見学いただくことができました。

乗組員の方々とともに、これから「豊洋」が大いに

活躍してくれることをお祈りしています。