定置網漁船「第十八新井崎丸」進水式

先日、小浜工場にて建造中の「第十八新井崎丸」の進水式が

執り行われました。

前日まで悪天候であったにも関わらず、

当日は天気も良く無事に進水を終えることができました。

平成3年の第十一新井崎丸に続く建造となります。

廻航まであと少しですが、前船同様、

長く活躍できるようにお祈りしています。

第七十七漁進丸 進水式

だんだんと春から夏の陽射しに変わってきましたね!

昨日、建造中のいか釣り漁船「第七十七漁進丸」の進水式が執り行われました。

 

 

陽射しも、心も熱くなる式典でした!

本日、進水も無事に終えましたので

廻航までもう少しです!

第一浦郷丸 起工式

アップロードが遅くなってしまいましたが、

先月末、まき網本船「第一浦郷丸」の起工式も

執り行われましたので、式典の模様を掲載いたします。

 当日は朝から雨でしたが、式典最後には晴れ間も見え、

幸先の良いスタートが切れました。

旗流し一本釣り漁船 起工式

日中は春の日差しが感じられるほど暖かくなってきましたね。

さて4月初頭、現在建造中の旗流し一本釣り漁船の起工式が

執り行われました。

大変静かな式典でしたが、船の存在感は

とても感じられました。

今からが積層など本格的なFRP作業に移りますが、

段々と暑くなってくる季節ですので、体調管理に気を付けて

作業していきたいと思います。

第八十八佐賀明神丸 廻航~進水祝賀会~初出漁

少し遅くなりましたが、兼ねてより建造しておりました第八十八佐賀明神丸

が先月末、無事廻航し、先週末にその祝賀会が開催されましたので

ご紹介させていただきます。

 

2月28日 午後4時過ぎ 下関港より廻航

前日まであまり天候に恵まれない日が続いていたのですが、

廻航時間はお日様も顔を出して、順調な航路で翌日には

高知県土佐佐賀港まで到着しました。

 

そして3月10日午後、盛大な餅まきで祝がスタートしました。

餅まきにぞくぞくと集まる人々

餅まきスタート!

5,000個の餅まきは大盛り上がりでした。

 

その夜は200人にも及ぶ関係者で盛大な祝賀会が開かれました。 

 祝賀会乾杯のようす

 

そして翌12日、ニシエフ社員もお見送りに参加し、明神丸は出港いたしました。

約1年の漁とのことで、山口より豊漁をお祈りしています。

 

 

かつお1本釣漁船「第八十八佐賀明神丸」進水式及び内覧会

 

少し投稿が遅くなってしまいましたが、先月末に山口工場にて建造中の

「第八十八佐賀明神丸」の進水式が執り行われました。

 

 

当日は少し肌寒くはありましたが、お天気も良く式典日和でした。

 

 

第八十八佐賀明神丸はFRP漁船では国内最大級の大きさとなり、

この機会に同船を含め、その他建造中の船舶、救命艇を含めた

”ニシエフでつくる船”を一般の方にも広く見ていただけるように

先週末に山口工場で内覧会を実施させていただきました。

 内覧会のようす

 

当日は進水式のようにお天気には恵まれず、あいにくの雨模様でしたが

そんな足元の悪い中でも100名を超えるお客様に御来社いただけました!

 

ご来社いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

 

 

ニシエフとしても最大級の建造船となるため、

第八十八佐賀明神丸が無事に廻航の日を迎えられるように

2019年度も猛進してまいります。

 

 来年もニシエフを応援よろしくお願いいたします。

定置網漁船「新井崎丸」起工式

今年もあと一週間となりましたね~。

1年が年を追うごとに早く感じるような気がします。

 

さて先日、福井県小浜工場にて、2018年最後の

19t 定置網漁船「新井崎丸」の起工式が執り行われました。

 

起工式のようす

 

手がかじかむような寒さの中でしたが、式典も滞りなく終え

社員一同、心はとてもほっこりしました。

 

小浜工場でも今年は数多くの新船を建造させていただけたことに

感謝し、来年も更に多くのお客様に喜んでいただける船を建造できるよう

邁進いたします。

 

 

熊野丸 竣工式典

 

先日、熊野丸の竣工祝の式典が京都府漁協湊支所様にて

執り行われ、ニシエフからも3名参列させていただきました。

 

思い返せば、平成8年建造の第18熊野丸に始まり、

平成26年建造の第28熊野丸と、船主様とは長い

おつきあいをさせていただいており、3隻目の熊野丸も

ニシエフで建造いただけたことは、とても感慨深く、

職人冥利につきるなと改めて感じました。

 

今後ともますますのご活躍・ご発展をお祈りしています。

また、漁の様子が動画配信されていましたので

リンクさせてただきましたので興味ある方は

ご覧ください。

Youtube 定置網漁業

 

小浜市 放生祭(ほうぜまつり)

こんにちは。

朝晩はすっかり冷え込むようになってきましたね!

 

先月、福井県小浜地区で開催された放生祭(ほうぜまつり)※1に

ニシエフ小浜工場入社2年目のK・Sくんが福井の伝統芸能『棒振り太鼓』※2にて

参加し、その様子が小浜商工会議所会報の表紙に掲載されましたので紹介します。

 

※1放生祭

 毎年9月敬老の日直前の土日に行われる若狭地方最大の秋祭り。古くは放生会(ほうじょうえ)(殺生を戒め、捕えた魚や鳥を放つ儀式)が行われていたことが名前の由来。現在の放生祭は御神輿のほか、山車(囃子)、神楽(太鼓)、棒振り太鼓、獅子(三匹獅子舞)の4種類の芸能を奉納する。

※2 棒振り太鼓

直径90㎝近い大太鼓と5~7個の鉦(かね)による大音響の囃子に合わせて2~3人一組の棒を使った勇壮な舞。

 抜粋:若狭小浜 放生祭より

小浜市商工会議所会報10月号  K・Sくん(写真左)

 

ちなみに、同じく先日閉幕した第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)の

開会式で披露された『棒振り』にも参加し、その様子が国体ホームページにも

掲載されていました。

~福井しあわせ元気国体 9月29日 開会式トピックスより~

 

若い社員が伝統芸能で地元活性化に貢献してくれるのは

とても喜ばしいことですね!