インドネシア実習生のサンディ 「ありがとう!」

3年間の実習を終え帰国される日を迎えました。

インドネシアでのご活躍を祈念し、

また会える日を楽しみにしております。

雲龍丸起工式

7月29日

福井県立若狭高等学校

雲龍丸 起工式が執り行われました

幸力丸 祝進水

7月22日
爽やかな風が吹く中、
沖合底曳網漁船 幸力丸の進水式が執り行われました

グランピングステージ島戸プロジェクトを応援しています

■ “グランピングステージ島戸プロジェクト”の関係者

今回のプロジェクトは、リソースネット下関・豊北が野遊びリーグ下関・豊北として事業展開していきます。

関連団体

1) 株式会社ニシエフ
2) NPO法人コバルトブルー下関ライフセービングクラブ
3) 株式会社海耕舎
4) 山口県漁業協同組合豊浦支店
5) 四つ葉農園
6) 木下ファーム 他

詳細は下記をクリック

https://www.shimonoseki-city.kaika-cf.jp/projects/detail.php?product_id=80

 

詳細は下記をクリック

 

研修生

小浜工場では現在インドネシア実習生が6名、
日々勉強し、活躍してくれていますが、
インドネシア技能実習生1期生のコイルルさんが
3年+2年の実習を終え,帰国される日を迎えました。

本国での益々のご活躍を祈念し、また会える日を楽しみにしています。

SDGsに賛同します

SDGsに賛同

2019年 株式会社ニシエフはSDGsの考えに賛同し、特に以下の取り組みを強化してまいります。

【SDGsとは】
2015年に国連において全会一致で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」で、2030年までに達成を目指す17のゴールからなる国際目標です。「誰一人取り残さない」という考えのもと、世界の課題を網羅的にとりあげています。ターゲットとしては「海の豊かさを守ろう」や「パートナーシップで目標を達成しよう」「働きがいも経済成長も」「住み続けられるまちづくりを」「産業と技術革新の基盤を“アワノ”につくろう」など企業活動だけでなく日常生活でも取り組めるものが多くあります。それを具体的に目標設定し、クリアしようとする動きです。当社では女性活躍社会に向けた取り組みも進め、働く人が生きがいをもてるリーディングカンパニーを目指してまいります。

また、資源の有効利用という観点から、高性能を持続できる長寿命製品の提供を推進するとともに、地域に愛される企業を目指します。

 

SDGsに関して詳しく知りたい方は下記リンクよりご参照ください。

外務省ホームページ JAPAN SDGs Action Platform 日本の取組(PDF) より