第八十八佐賀明神丸 廻航~進水祝賀会~初出漁

少し遅くなりましたが、兼ねてより建造しておりました第八十八佐賀明神丸

が先月末、無事廻航し、先週末にその祝賀会が開催されましたので

ご紹介させていただきます。

 

2月28日 午後4時過ぎ 下関港より廻航

前日まであまり天候に恵まれない日が続いていたのですが、

廻航時間はお日様も顔を出して、順調な航路で翌日には

高知県土佐佐賀港まで到着しました。

 

そして3月10日午後、盛大な餅まきで祝がスタートしました。

餅まきにぞくぞくと集まる人々

餅まきスタート!

5,000個の餅まきは大盛り上がりでした。

 

その夜は200人にも及ぶ関係者で盛大な祝賀会が開かれました。 

 祝賀会乾杯のようす

 

そして翌12日、ニシエフ社員もお見送りに参加し、明神丸は出港いたしました。

約1年の漁とのことで、山口より豊漁をお祈りしています。

 

 

かつお1本釣漁船「第八十八佐賀明神丸」進水式及び内覧会

 

少し投稿が遅くなってしまいましたが、先月末に山口工場にて建造中の

「第八十八佐賀明神丸」の進水式が執り行われました。

 

 

当日は少し肌寒くはありましたが、お天気も良く式典日和でした。

 

 

第八十八佐賀明神丸はFRP漁船では国内最大級の大きさとなり、

この機会に同船を含め、その他建造中の船舶、救命艇を含めた

”ニシエフでつくる船”を一般の方にも広く見ていただけるように

先週末に山口工場で内覧会を実施させていただきました。

 内覧会のようす

 

当日は進水式のようにお天気には恵まれず、あいにくの雨模様でしたが

そんな足元の悪い中でも100名を超えるお客様に御来社いただけました!

 

ご来社いただいた皆様に改めて御礼申し上げます。

 

 

ニシエフとしても最大級の建造船となるため、

第八十八佐賀明神丸が無事に廻航の日を迎えられるように

2019年度も猛進してまいります。

 

 来年もニシエフを応援よろしくお願いいたします。

被害者支援自動販売機設置

先日、山口被害者支援センター様と小串警察署様より

ニシエフに被害者支援自動販売機設置の感謝状を

表彰いただきました。

左から小串警察署長、堀井社長、山口県被害者支援センター長

 

 

今後、ニシエフ社内の自動販売機の売り上げの一部が

犯罪被害や交通事故等による被害者への

支援金として寄付されますので、見学等お立ち寄りに

なられた際はニシエフの自動販売機をご活用ください。

 

なお、表彰の模様は近日中に読売新聞にて掲載される予定ですので

興味ある方はチェックされてみてください。

 

FM山口ラジオ番組「THE mouVement ザ・ムーブマン」収録

梅雨も開け、本格的な夏の暑さを感じるようになってきましたね!

 

先日、山口県で数多くのラジオパーソナリティをされている

 

”やすべえ”こと大谷康彦さんのFM山口のラジオ番組

 

「THE mouVement ザ・ムーブマン」の746回目の放送ゲストとして

 

堀井社長が収録に参加いたしました!

 

 

便利な時代になったもので、今はラジコ等スマートフォンのアプリでも

 

全国FM局の放送を聴くことができます。

 

「THE mouVement ザ・ムーブマン」

放送はFM山口 7月15日(日)18時30分~ ですので

みなさんぜひお聴きください(^^)

 

第五十一長漁丸 進水式

こんにちは。

日中は汗ばむほど暑い日が多くなってきましたね!

先月末、まき網付属探索船「第五十一長漁丸」の

進水式が執り行われました。

餅まきも開催され、つきたての柔らかいおもちをたくさん頂きました。

餅まきのようす

 

進水後岸壁係留中 

 

船体のデザインは業社さんの娘さんのデザイン案だそうで、

黄色いラインを打ち消すラインも相まって、とても格好良い

デザインですね!

 

無事廻航を終え、今後の活躍が楽しみです!

 

 

ニシエフ出入口の苔アート

 

段々と春の日差しを感じられる程暖かくなってきましたね。

 

さて、国道191からニシエフを看板を曲がって門にさしかかるまでの

外壁に、今年に入ってから匿名の方の苔アートが描かれていましたので

ご紹介させていただきます。

 

 

一番左は富士山と日の出を表し、その隣は関門海峡から角島、油谷湾の

向津具半島(俵島)までが見事に描かれていて、下関山陰の地図と

照らし合わせることができます。

 

苔のキャンバスはまだ続いていますので、次回の大作も楽しみです!

 

粟野小学校”震災の日”防災訓練講演

 

3月11日ももちろんですが、1月17日も日本人にとって忘れてはいけない日ですね。

ニシエフ近くの粟野小学校ではこの日に合わせ防災訓練が実施され、

その特別講演として20年前に阪神淡路大震災を経験された堀井社長が

 震災時の実体験をお話しされました。

 

 蛇口を捻れば水が出て、温かいご飯を食べてお風呂に入り

温かい家で過ごせる、そんな当たり前の生活が突然奪われてしまった時の

絶望感は計り知れませんが、その中でも寄り添い、助け合うことができる

日本人の思いやり精神は本当に大切にしていかなければならないと思います。

 

この防災訓練に伴い、20人近い粟野地域の方にご協力頂けたとの事で、

粟野小学校と粟野地区のつながりの強さに感銘を受けました。

 

 ニシエフも粟野地域の方々とのつながりを大切にできる機会を

増やしていきたいと思います。

 

経済産業省「地域未来牽引企業」選定

新年あけましておめでとうございます。

 2018年もスタートしました!

 

さて、年明け早々大変嬉しいニュースがあり、

ありがたい事に、経済産業省より地域経済牽引事業の

担い手候補となる地域の中核企業として

全国2,148社(うち山口県の企業は39社)の内の1社として

ニシエフも選ばれました!

 http://www.meti.go.jp/press/2017/12/20171222003/20171222003.html

製造、建設、サービス業など様々な分野から選定されていますので、

興味のある方は下記企業リストをご覧ください。

http://www.meti.go.jp/policy/sme_chiiki/chiiki_kenin_kigyou/chiikimirai_all.pdf

 

本年も何卒よろしくお願いいたします。